www.arkansasinspirationalwriters.com
現状ではきわめて珍しい事例を外して商品券の店舗でショッピングをしてもクレジットカード払いが出来る売店はほとんど存在しません。このような理由でJCB、American Express、Diners clubなどの券を使った直接的でないクレジットカードの手法はろくには現実的には実行する事はできないだと考えられます。それだとどういう技術を使えば間接クレジットが可能なのでしょうか?と言われるとその方法とは現在、流行りの電子マネーといったPASMO、iD、とかICOCA、VISA Touch、nanacoなど。それらを使って遠まわしに使うカードを行うこともできるようになります。PASMO、Webmoney、とかSuica、WAON、nanacoなどはクレジットで注文するという事ができるギフトカード:PASMO、またはICOCA、WAON、nanacoなどに聞き慣れない方々からしてみたらわけもなく困難な感じを憶測するのかもしれませんが、そういう電子マネーはいうならいつも使っているのと同じ金券です。VISA、American Express、Diners clubなどのギフトカードと全く差はないのです。またこれらの電子マネーというものはクレジットカードを活用して簡素に換金出来る所が利点の一つです。同時にこういう電子マネーというものは最近コンビニをかわきりに街ナカやいろいろな店舗他といった所でも駆使する事ができる事にもなっている。「当店の支払いにはクレジットカードはお使いになることができません」という風に明記していたようなお店での購入でもEdy(エディ)、iD、QUICPay、またはWAON、nanacoなどを使うなら駆使できるケースが数々存在するのです(キャッシングポイントが確実に貯まる)。要するにカードが利用できないショップであっても遠まわしにクレジットカードを利用する方法で、カードポイント分を得してもらおうという手段です。いつも通りショッピングをしているのみでは獲得できないポイントなため何としても駆使してほしいのです。